【赤ちゃんが耳垂れ】中耳炎治療による鼓膜切開と

突然赤ちゃんの耳に大量の黄色い耳垢が!?

先日、赤ちゃんと一緒に昼寝をしていたとき、ふと赤ちゃんの耳に目をやると、耳の穴の付近に大量の耳垢が溜まっていることに気がつきました。

赤ちゃんに大量の黄色い耳垢は中耳炎による膿でした

ちなみに、この写真は耳の周りについた大量の黄色の耳垢を大部分取った後に撮影したものですが、それでもまだ黄色い耳垢が耳の穴の付近にこびりついているのがわかると思います。

以前も生まれてからしばらくして耳掃除をしたときに、耳の穴の中に沢山の耳垢があって驚いたことがあります。

ただ、今回の場合、急に、しかも大量の耳垢が耳の外にまで出てきていたので、なんだか妙な感じ。

特に赤ちゃんの機嫌が悪いわけでもなく、熱もなかったのですが、気になってしかたがなかったので、翌日耳鼻科にかかってみることにしました。

耳鼻科で中耳炎の診断&治療でギャン泣き

翌日、耳鼻科で赤ちゃんの耳を見てもらうと・・・

「これは中耳炎ですね。膿が耳の外まで出てきたのでしょう。反対側の耳も少し中耳炎になっています。この状態なら、耳が痛くて泣いたり、熱が出ていてもおかしくない状態です。」

その場で耳の中の膿を吸い出す治療を行い、点耳薬を投与、ネブライザーで鼻に薬を入れました。

特に印象に残ったのは、赤ちゃんの耳に膿を吸い出す器具を入れた時に赤ちゃんがギャン泣きしたこと・・・

本当に痛そうでした。

治療のためなのでしょうがないのですが、心が痛みますよね。

次のページでは、子供の中耳炎とその治療法についてお話していきます。

スポンサーリンク

2ページ目(全5ページ中)