パパの寝かしつけ・・・赤ちゃんがギャン泣きしてしまう時の対処法

パパの寝かしつけはママを超えるという定説

実は、この記事を書こうと思ったきっかけは、父親である私が母親より子供の寝かし付けが圧倒的に上手であることがきっかけでした。

そのことについて保育園の懇談会で色んなパパやママに聞いてみると、積極的に育児参加しているパパの場合、ほとんどの家庭でママよりパパの方が子供の寝かし付けが上手だと言うことでした。

普通、寝かし付けと聞くとママの方が上手なような気がしますが、実際はそうではないようなのです。

どうしてそのようなことが起こるのか、その場にいる人たちで話し合った結果、面白い結論が出てきました。

それは・・・

  • ママにはおっぱいがあるから、毎回それに頼ってばかりで、ママは適当にしか寝かし付けをしていない
  • パパはおっぱいがないから、本当の意味で子供を寝かしつける方法を習得していく

ということでした(笑)

確かに、私は子供達が赤ちゃんの頃から「どうすればうまく寝てくれるだろうか?」ということを試行錯誤しながら、今に至っています。

おそらくママにはその試行錯誤のプロセスがないため、おっぱいを飲まなくなる頃から子供の寝かし付ける力が以前より弱くなってしまうのでしょう。

今は赤ちゃんにギャンなきされているパパですが、数年後にはママを追い抜く寝かし付けマスターに返信できますから、その試行錯誤のプロセスをあきらめずに頑張ってくださいね。

最後に一言

ということで、今回はパパの寝かしつけ・・・赤ちゃんがギャン泣きする時の対処法についてお話しました。

初めてパパが赤ちゃんを寝かしつける時は、赤ちゃんがギャン泣きして、本当にこの子は寝てくれるのだろうかと、途方にくれそうになります。

ですが、赤ちゃんがギャン泣きするということは、赤ちゃんが急激なスピードで体力を消耗してくれている証拠でもあります。

それに耐え切ることが出来さえすれば、いつか赤ちゃんは自然と疲れて寝ていきます。

パパは辛抱強くそれを待ちましょう。

一度赤ちゃんを自分の手で寝かしつけることが出来れば、その次からはパパと赤ちゃんの間に少しずつ信頼関係が構築されていくので、寝かしつけの回数を重ねるごとに、寝かしつけがスムーズになっていきます。

最初が肝心です。

パパは一度寝かしつけをやると決めたら、最後までママの力を借りずに寝かしつけをやりきってください。

赤ちゃんはそんなパパの姿をしっかりと見届けてくれていますから。

それでは!

スポンサーリンク

4ページ目(全4ページ中)