3人目の子育てで私達が実感した11つこと

【メリットその1】会話の機会が減る・・・なんてことはない

3人目の子どもが生まれたら、子供たちとの会話の機会が減ってしまうなんてことを心配している人がいるかもしれませんが、会話の機会は子供の数とは関係有りません。

会話の多さは子供の数ではなく、家族の在り方、特に親の考え方やストレス度合いなどによるところが多いのではないかと思います。

私達の場合、子供が3人に増えたおかげでたくさんの出来事や事件が起き、その結果、話題の種類が格段に増え、その結果会話の時間も増えました。

確かに、夫婦で協力しなければならないことも増えましたが、それをきっかけに夫婦の会話も以前より更に増えたのも実感しています。

もちろん、たくさん喧嘩もしたりしますが、そこで話し合われることこそ本音のぶつかり合いであり、本腰を入れてその内容を解決していけば、より良い関係性を構築することが出来ますよ。

そういう意味からいうと、子供が増えることによって本音の会話の割合が増えるということもあるかもしれませんね。

【メリットその2】通りすがりの人から声をかけてもらえる回数が増えた

子供が3人になってから、通りすがりの人から声を掛けてもらえる回数が明らかに増えた気がします。

私達が住んでいるところは比較的高齢者が多い地域なので、以前から散歩などをしているとおじいちゃんおばあちゃんから声を掛けてもらえることが多かったのですが、子供が3人になると結構声をかけてもらえるようになります。

「子供三人もおって大変やねぇ」って感じの言葉から始まり、そこから世間話が始ることも良くあります。

そんなこんなで近所の顔見知りも多くなって、近所付き合いも三人目から前よりも格段に良くなってきた感じがします。

【メリットその3】子ども手当がすごい!

子供一人あたり毎月1~1万5千円がもらえる子ども手当。

子供が2人目のときは、4ヶ月に一回の振込で10万円弱でした。

それでもかなり嬉しかったのですが、子供が3人になったら一回の振込額が14万円にもなりました。

もちろん子どもが増えるに従って支出も増えているわけなので、実質的には支出の方が多い気がしますが、それでもこの子ども手当のお陰で家計がかなり助かっているのも事実です。

年に3回、プチボーナスが入ってくる気分ですね。

次のページでは、3人目の子育てのメリットその4~5についてお話していきます。

スポンサーリンク

4ページ目(全5ページ中)