育休手当(育児休業給付金)の詳細な支給日を調べる方法

育休手当の支給スケジュールの概要

まずはじめに理解しておきたいことは、育休手当のざっくりとした支給スケジュールです。

例えば、12月9日に出産した場合、産後8週は産休となりますので、育児休暇が始まるのは2月4日からとなります。

そこから2ヶ月間ごとに、その期間の育休手当が職業安定局(ハローワーク)から振込まれるという感じです。

ただ、ここで問題なのは、育休手当が振込まれる正確な日付ですよね。

ただでさえ出産前後で出費が多いというのに、十万円単位のお金がいつ入ってくるのかわからないというのでは、全然安心することが出来ません。

育休手当の詳細な支給日の調べ方

これまでに4人の子育てを経験する中で、色んな所に問い合わせをした結果、ある程度正確に支給日を調べる方法を見つけることが出来ましたので紹介していきます。

まず、育休手当が支給されるためには、あなたが務めている会社の方から職業安定局(ハローワーク)に「育児休業給付金支給申請書」を提出する必要があります。

育児休業給付金支給申請書とはこのような書式の申請書のことで、育休開始から2ヶ月間経過後から、職業安定局の方に提出することが可能となります。

多くの場合、産前産後の間にこの書類の赤枠のところにご自身で名前などを記載し、会社に提出してあるのではないかと思います。

会社の総務の人などが職業安定局に行き、この申請書を提出してから約1周間ほどであなたの口座にその2ヶ月間分の育休手当が入金され、以下のような支給決定通知書が会社から送付されてきます。

つまり、育休手当がいつ入金されるかということを知りたければ、自分の会社の総務の人に「育児休業給付金支給申請書」をいつ提出するのか(いつ提出したのか)を聞けば良いということになります。

私の場合、4月初旬に会社の総務にこの件について確認したところ、4月20日までには申請書を職業安定局に提出するという回答があり、それに対して育休手当は4月21日に入金されていました。

このことを理解しておけば、ある程度正確に育休手当の入金日を予測することが出来ますので、参考にしてみてください。

最後に一言

今回は、育休手当(育児休業給付金)の詳細な支給日を調べる方法についてお話しました。

育休手当は、育児休暇をする人にとって貴重な収入源です。

育休手当がなかなか入金されず困っている人は、ぜひこの内容を参考にしてみてくださいね。

それでは!

スポンサーリンク

2ページ目(全2ページ中)