【返金手順】健康保険証なし(忘れた)で病院を受診する方法

健康保険証なしでも病院を受診することが出来ます

まずはじめにお話したいことは、健康保険証がなくても病院を受診することは可能だということです。

保険証なしで病院を受診するということは、いつもは自己負担額(診察後窓口で支払う金額)が診療額全体の約3割だけで済むのに対して、保険証なしの場合、診療額全額が自己負担となり、いつもの2~3倍のお金を窓口で支払わなければならなくなるということです。

例えば、実家へ帰省中に子供が急に熱を出して、保険証なしで病院にかかったときの領収書がこちら。

小児科(病院)の領収書

調剤薬局(処方箋の薬をもらう薬局)の領収書

領収書に記載されているように、通常なら自己負担が2~3割なのに対し、今回は保険証なしなので自己負担10割となっています。

このように窓口で支払うお金がいつもより約2~3倍高くなってしまいますが、診察に関しては、受付のところで「保険証を忘れたので全額自己負担で支払います。」と言えば、保険証なしでも普通に診察を受けることが出来ます。

健康保険証のコピーは使えるのか?

ここで健康保険証のコピーの有効性について、少しお話しておきます。

よく長期の旅行などに行く場合、健康保険証のコピーを持っていくようにと言われることがあるので、健康保険証はコピーでも使えると思いがちですが、基本的には健康保険証は原本でないと利用できない病院がほとんどです。

というのも、健康保険証が提示された場合、病院は治療費の約2~3割を窓口で患者本人から受け取り、残りの7~8割は健康保険証を発行している健康保険組合に請求を出します。

健康保険証が有効な場合、後日健康保険組合から病院に対象となっている治療に対する保険適用額(7~8割)が支払われるわけなのですが、仮に健康保険証の有効期限が切れていたりすると、病院はその分の支払いを受けることができません。

ですので、基本的に病院の窓口では健康保険証は原本でないと受け付けてくれないものだと思っておいたほうが良いでしょう。

ただし、修学旅行中といったような学校行事等の場合、病院側が理解を示してくれることもあり、保険証のコピーでも対応してくれる場合もあります。

健康保険証のは、コピーだと程度の効力しか持たないということを理解し、その上でコピーで対応してくれるかどうか病院窓口で相談してみましょう。

仮に、健康保険証のコピーが使えなくても診察はいつも通り受けることが出来ますし、治療の自己負担額が10割(通常の2~3倍)になるだけです。

なお、その際の治療費の保険適用分は、後日病院で保険証を提出するか、保険組合に申請することで返金してもらうことが出来ます。

次のページでは、後から保険適用分を返金してもらうための具体的な手順についてお話していきます。

スポンサーリンク

2ページ目(全3ページ中)