【キーマンは夫!?】嫁姑問題を修復する正しい手順

嫁姑問題を早期解決するベストな戦略

嫁姑の関係が問題になるのを予防するコツは、「夫」がうまく立ち振る舞うことにつきます。

なぜなら、「夫」は「妻」とも「姑」とも強い信頼関係でつながっているからです。

家系図からみる嫁姑の繋がりの説明

家系図を見てもらうと良くわかるのですが、嫁姑問題となる関係性につながりがないことに気づいたでしょうか?

要するに、結婚当初の妻と義母は「ただの他人」なんですね。

それとは逆に、「夫と妻」、そして「夫と義母」は、最初っからちゃんとつながっています。

そして、「妻」と「義母」をくっつけようとしているのは「夫」です。

と言うことは・・・

「夫」は「嫁」と「姑」にとって、「仲人」のような存在である必要があるのではないでしょうか?

人は「ただの他人」を敵視する傾向があります。

そこから、お互いにつながっていたいと感じるような友達のような関係にしていくためには、先ほどの関係性を構築する基本ステップを踏む必要があります。

人間関係を構築する基本ステップ

  1. 時間をかけてお互いのことを知る
  2. 過去や現在、そして未来の共感を重ねることで親近感を持つ
  3. お互いに係わり合いを持ちたいと感じる
  4. 友達になる

ただ、嫁と姑という関係は、この基本ステップを無視して、結婚した瞬間から構築されてしまいます。

仲人である「夫」はそのことを踏まえたうえで、嫁と姑の二人が「友達」になるように導いていく必要があります。

次のページでは、嫁姑問題を早期予防する夫の具体的な行動指針についてお話していきます。

スポンサーリンク

4ページ目(全5ページ中)